アズビル SDC/R 35 シリーズ ローダーケーブル 作成 2018/08/25

アズビル SDC/R 35 シリーズ用のローダーケーブルを作ってみました。
スマートローダーパッケージ SLP-C35 で読み込み、書き込みできました。
実験程度にとどめ、客先での使用は控えたほうが良いように思います。
※プラグの大きさがローダージャック側の大きさとほぼ同じなので、何回か使うとSDCのゴムキャップが切れる可能性が大きいです。

■購入品

 ・ 超小型USBシリアル変換モジュール 秋月電子通商 ¥600
 ・ 2.5mmφミニステレオプラグ 秋月電子通商 ¥60
 ・ ケース e-CON防塵カバー ¥231 ~180 (オーム電機製
 ・ USB ケーブ (タイプB)

■結線

 ・ ミニプラグの先端 -> RXD、中 -> TXD、外側 -> GND の3本のみ
  ※半田付けは、先端と中が入れ替わっているのでテスターで確認のこと。
 プラグの形状が同じ M-システム のローダーケーブルは、RXD と TXD を反対にすれば使えそうな気がします。

超ミニサイズです。

e-CON 防塵カバーに収まります。ケーブルはグルーで留めたほうが良いかもです。

MiSUMi の名前が入っています。オーム電機そのままは、FA-Ubon でも購入できます。


■CPL 通信が使えます

 あまり知られていませんが、ローダーケーブルを使うと、スマートローダーパッケージ SLP-C35 だけではなく、ごく普通に CPL 通信が行えます。
 Bluetooth 変換して、複数台の SDC のデータをワイヤレスで表示、記録できるのではないかと考えています。